友人の結婚相談所体験談から学んだこと

友人が結婚相談所に登録した!

世の中にはとにかく結婚をめざして日々活動している人がいます。
私の友人もそうでした。
彼女は34歳になる頃からとにかく「結婚、結婚」と言い出し親戚や友人知人にいい人がいたら紹介してと声かけしていました。
彼女の理想は俳優のジュウード・ロウでイケメンが大好き、経済的なことよりも顔を重視でした。
紹介された相手と会ってもなかなかうまくいかず踏み出したのが結婚相談所への登録でした。

結婚相談所のシステムについて

この結婚相談所について、詳しく聞くと女性はあまりお金はかかることはなく登録料や紹介料は無料、ただし相談所内で紹介した相手との結婚が決まった場合は成約料として20万円を支払うシステムでした。
しかし男性は登録料から3万円、またその他紹介・活動費用として年間30万円以上支払うのです。
何もそこまでして、と思う私でしたが結婚したい側とすれば自分の希望や条件に合った人を効率的に探してくれる場所です。
友人は相談所で紹介された数人と会いましたがいざ会ってみると常に女性にお金を出させる人であったり変な趣味があったりなどお断りが続きました。

女性と男性では料金が違うのがポイント

イケメンは紹介された中で1人しかいなかったと愚痴っていました。
そしてある日友人は相談員の人との話し合いの中で唖然とする言葉を聞くのです。
「うちに登録している男の人はもてない人ばかりだからねえ。」と。
恋愛体験があまりなく内気で年をとって登録する人が多いとのことでした。

結婚相談所とは違う出会いの場もあります

それから友人はその結婚相談所とは一線をおき結局知人の紹介で知り合ったバツ1、40代、ハンサムではない男性と結婚しました。
会って5、6回目でプロポーズされたスピード結婚でした。
私は友人が顔、顔、と言っていたので少し心配していましたが実際旦那さんと会ったときに顔ではなく中身など総合的に決めたのだと感じ安心しました。
友人はあとから考えると結婚相談所への登録はあまり意味がなかったと言っていました。
ただこのような口コミ情報は結婚相談所のランキングサイトなどでは手に入れることが出来ません。
そのため、友人の結婚相談所体験談は私にとってもありがたいものでした。
私自身は友人を通して結婚相談所の実態を知ることができ勉強になりました。
縁を探す場所として否定はしませんが、自分と合う合わないなど検討が必要と感じました。