アラサー独身OLが記す冠婚葬祭生活の知恵

自分の葬儀のお金は残しておきたい物である

独身アラサーだとしても葬儀には以外にお金が掛かります。

eyecatch2

規模にもよるかもしれませんが、結婚式やお葬式など冠婚葬祭については、お金を多く確保するようにしましょう。
たとえば葬儀ではそれなりに沢山の人を呼びそして告別式なども行う事を希望しているのであれば、やはりそれなりにお金が掛かってくる事でしょう。
その為普段から出来るだけ葬儀費用を準備しておくに越した事はないでしょう。
本人が生命保険などに入っていれば条件などによっては保険のお金が多少下りる事もあるかもしれません。
しかしそれは状況次第です。

葬儀費用が無くて直葬になるのは悲しすぎます

eyecatch2

もしも支払いに該当する場合であったとしても、手続きなどに時間がかかる為に直ぐに執り行う必要がある葬儀などには間に合わないかもしれません。
一時的にであったとしても、ある程度まとまった金額が直ぐに使える状態でなければ安心出来ない状態であると考える事が出来ます。
葬儀を行う会場などの支払いに関しては連休などが続ければ支払いの日を多少ずらすなどの配慮をしてくれる可能性もありますし、余りにも高額であれば一括ではなくローンのような形にて支払いをする事も可能かもしれません。
しかし通夜などを行う際に僧侶を呼んだ場合のお礼などはその場で支払う事が必要です。
それが絶対ではないかもしれませんが、田舎である程度形式が決まっている場合などであればお礼をしない事はとても失礼に当たってしまう事になってしまいます。
そして自分が出来なかったばっかりに自分の家全体の評価が下がってしまうという事もあるのです。

葬儀の問題は以外に重要です。

お金も沢山かかります。
お金がないので簡素に済ますといった考え方もあるかもしれませんが、故人の人間関係上そういった訳にもいかない場合もあるでしょう。
色々な状況を想定して出来るだけ一時的な支払いなどに備えて直ぐに動かす事の出来るお金を確保しておく事も必要です。

最新記事